メタトレーダーの在り方
wer メタトレーダーは、FX取引やバイナリーオプション取引で使われている取引ツールです。ロシアのソフト会社が開発を行った非常に優れたカスタマイズ性を有したFXのためのトレードツールです。メタトレーダーは、テクニカル分析のツールが充実していることやカスタマイズ性が自由であることなどから、多くのトレーダーが世界中で利用しているものです。現在、国内においても、多くの証券会社において、このメタトレーダーのトレードツールを無料で利用することができます。

では、メタトレーダーというのは、一体どのようなものなのでしょうか?メタトレーダーでは、自由にチャートをカスタマイズできるような機能を装備しており、非常に多くの種類のテクニカル指標を豊富に表示したり、いくつものチャートの画面を表示したりすることができます。また、一番の特徴としては、一般にEAと言われているエキスパートアドバイザーと言われる、システムトレードを行うことが可能な自動売買の機能が装備されていることです。

このエキスパートアドバイザーを利用すると、チャート上に売買のシグナルを表示させたり、自動的に前もって設定された機能に従って売買したりすることができます。

メタトレーダーの特徴についてご紹介しましょう。第一の特徴は、簡単にチャートから注文を行うことができるということです。メタトレーダーでは、注文するための発注画面を表示する場合にはチャート上で右クリックすると可能で、簡単に逆指値注文や成行注文を設定することができます。第二の特徴は、カスタマイズ性能が豊富であるということです。

チャートの色を変更すること、テクニカル指標を追加すること、1つ画面に出すチャートを変更することなど、自分の好きなようにチャートをカスタマイズして、レイアウトをお好みのものにすることができます。第三の特徴は、テクニカルの分析ツールが充実しているということです。

メタトレーダーでは、非常に多くのテクニカル指標を豊富に搭載しており、新しいテクニカル指標の追加や詳細な指標のカスタマイズなど、機能の高いテクニカルの分析ツールを搭載しています。第四の特徴は、エキスパートアドバイザーという自動売買の機能を搭載しているということです。メタトレーダーの一番の特徴でもあるエキスパートアドバイザーを使用して、システムトレードを簡単な設定でスタートすることもできます。メタトレーダーというのは、このように多くの優れた特徴を持っているため、 FXを始める人にはおすすめです。

投資法人」とは、主に不動産投資を行うことを主目的として設立された法人のことをいいます。

株式会社とほぼ同じ様な立ち位置なのですが、社団法人という区分であることが多いです。個人や企業の1部門で投資を行うよりも、独立採算として法人化してしまう方が、受けられる恩恵が多い様に思われます。

投資法人化することで、メインは不動産投資であっても債権投資や株式投資などの運用において、損益を合算して計上できるようになります。最終的な損益に基づいて納税額が変わるので、これは大きいメリットです。また、会社本体から独立することによって、また新規で投資法人を設立することによって社員に給与を支払うことができるようになります。これは自分を社員とすることもできるので、安定した収入を確保することができます。もちろん、利益を出していけなければいずれ倒産していくわけですが、、、

法人化することによるメリットはまだまだあり、そもそも社団法人化することで各自治体での税制優遇を受けられる可能性があります。そして法人化することで銀行から融資を受けられやすくなります。様々な業態の会社が子会社として投資法人を設立して、本社(本業)のための不動産を購入したり、サイドビジネス又は新規ビジネスとして不動産運用を行います。

特に観光業や小売業が投資法人を設立する親和性は高いと思います。観光業では、自前で不動産や土地を購入し、本業のために観光資源を育成したり環境整備に費やすことができます。北海道のトマムで有名な星野リゾートも投資法人を設立しています。自分たちで魅力ある観光資源を生み出すには、既にある施設を買い取るだけではビジョン通りにいかないことが多いです。星野リゾートは有名な雲海テラスとちょっとした登山道に、高層ビル並みの高さであるリゾートホテルなど、上手く購入したり運用していると思います。また、小売店ではイオンが投資法人を設立しています。自分たちの店舗運営のためでも、他業種に貸し出して同じエリアにイオンとガソリンスタンドとファーストフード店などを並存して利用してもらうような戦略も実行できますよね。

そういった他事業と投資事業をお互いに親和させてメリットを生み出すスタイルも一部ありますが、基本的には本業で生まれた利益を運用するために設立されているパターンも多いです。J-REATという日本の不動産全般に投資する金融商品があり、それに投資することを主目的に設立された法人も多いです。社名が「〇〇リート」のようになっています。

事前取引計画


初めてFXを行う方にとって、自分のお金を初めから業者に入金して、すぐにトレードを行うのは非常に勇気がいるものです。事前に学習を行って知識を入れておいたとしても、為替の実際に動きは思っている以上に早く、激しい動きと思うかも知れません。


相場を予測して、どのような通貨をペアで購入するのか、その際に投入する資金、レバレッジと証拠金の関係、利益の計算、ロスカットの計画、売ったり買ったりするタイミングなど、取引計画は大切な要素です。