大きな目安となる雇用統計

hwr雇用統計も、FXにおいては、大きな目安となります。もっと詳細が書かれているところもどうぞ。雇用統計というのは、アメリカにおける、失業率や、非農業部門雇用者数、小売業就業者数、製造業就業者、といったような、10数項目からなりたっています。

こういった指数のなかでも、特に注目すべきものとなっているのが、失業率と非農業部門雇用者数変化です。この二つが大きく反応を呼ぶ数字として、重要視されているのです。この統計は、毎月発表されることになっています。月初めの金曜日です。

なので、この時期には注意が必要です。米指標といってもいろいろとありますが、その中でもこの統計は、一番注目度が高いものだと言っても過言ではありません。貿易収支というのも、また同様に、重要な参考指数となります。

輸出金額と輸入金額のネットを示す数字となりますが、この黒字と赤字において、判断の材料とするのです。アメリカというのは、基本的には、貿易収支は常に赤字ですが、その幅というものがありますのでそれを見極めることは重要です。

やはり、大事な指標のひとつだといえるでしょう。GDP、Gross Domestic Productの略ですが、国内総生産のことです。GDPというのは、アメリカ国内で産出された財やサービスといったものの付加価値についての指数で、国内の生産活動を数値化しています。

なので、経済の動きや景気の状況、市況などの動きを、数値として見ることができます。また、GDPは、四半期ごとでの更新となります。小売売上高とは、リテールに関する数値です。経済活動の動きをしるための数字といっていいでしょう。リテールにおける売り上げをサンプル調査して出している統計です。


事前取引計画


初めてFXを行う方にとって、自分のお金を初めから業者に入金して、すぐにトレードを行うのは非常に勇気がいるものです。事前に学習を行って知識を入れておいたとしても、為替の実際に動きは思っている以上に早く、激しい動きと思うかも知れません。


相場を予測して、どのような通貨をペアで購入するのか、その際に投入する資金、レバレッジと証拠金の関係、利益の計算、ロスカットの計画、売ったり買ったりするタイミングなど、取引計画は大切な要素です。