為替相場の予測方法

ydfg 為替相場を完璧に予測する、これはタイムマシーンでもない限り不可能です。何故なら、為替相場というものは、政治や経済などさまざまな要素が複雑に絡み合って形成されているものだからです。

また、各国との相対的な数字なので、予測しようとすれば膨大な情報が必要になり、現実的に不可能です。株式投資の場合は少し状況が違います。その会社の社長の考え方や理念、その業種のマーケットの大きさと競合他社の状況などをチェックすれば、その会社の株価が上がるか下がるか、ある程度の予想ができます。

為替相場を予測するということは、株価の予想をするよりもずっと難しいことなのです。そんな為替相場ですが、実はかなりの高確率で上がるか下がる予測ができる、そんなタイミングが稀にあります。それはどんなタイミングかというと、経済指標が発表され相場が大きく動いた後です。相場にパワーがたまっていた場合、経済指標の発表で大きく動いた相場は、これをきっかけに同じ方向へ更に動いていくこともありえます。

しかし、たいていの場合は、数時間程度で経済指標の相場への影響はなくなります。大きく動いた為替相場は調整で戻すことが多く、この戻しのタイミングを狙えるということです。経済指標が発表された後の大きな動きとは、トレンドの変換や上乗せによる長期的な動きではありません。あくまでも、短期売買で利益を得ようという短期筋の動きによるものです。その後、投機筋が反対売買をするため、相場が戻る可能性が非常に高くなります。このため逆指値.com入るのが良い、という方もいます。比較的相場が読みやすいのは、こういったタイミングとなります。逆に、大幅に予想が違っていたわりにはあまり動かなかった、ということもあります。

この場合、相場はすでにどちらかの向きに動いている、あるいは動き出そうとしていると考えられます。例えば、予想よりもかなり良い経済指標が出たにも関わらず、ほとんど相場が動かないといった場合、短期中期のトレンドは下向きだと予測できます。その場合は、買うのを控えた方が良い、と判断できます。為替相場を完璧に予測するのは不可能ですが、このような予測しやすいタイミングも稀にあるのです。また、初心者のなかには経済情報や、有名なアナリストの発言だけを元に24オプションなどで売買される方がいます。しかし、これはお勧めできません。経済情報などは、かなりの偏見や先入観といったバイアスがかけられている傾向があるのです。


事前取引計画


初めてFXを行う方にとって、自分のお金を初めから業者に入金して、すぐにトレードを行うのは非常に勇気がいるものです。事前に学習を行って知識を入れておいたとしても、為替の実際に動きは思っている以上に早く、激しい動きと思うかも知れません。


相場を予測して、どのような通貨をペアで購入するのか、その際に投入する資金、レバレッジと証拠金の関係、利益の計算、ロスカットの計画、売ったり買ったりするタイミングなど、取引計画は大切な要素です。