FXビギナーが知っておきたいのは「トレンド」より「ポジション」?

gser 「トレンド」という言葉は、一般的には「流行」といった意味で使われることが多いですよね。
投資の世界の場合、この「トレンド」とは、相場の方向性、傾向等を意味する言葉として使われます。

よく「トレンドに乗れば勝てる」なんて言う人もいるようで、トレンドを追いかけることに夢中になっているFXビギナーも少なくありません。
でも、実際のところはどうなのでしょうか?

「トレンド」とは、世界中のトレーダー達の見えない「しっぽ」を追いかけているようなもの。
「これに付いて行けば大丈夫…」と思ってトレンドに乗った頃には、もはやその動きは終わっているというケースは珍しくありません。
一般的な意味で使われる「トレンド(流行)」に比較して、投資のトレンドは非常に短いスパンで動いていくのです。
そのため重要なのは「トレンドに乗る(ひたすらに後追いをする)」ということよりも、「値動きを自分の目で確かめて追う」「ポジション管理に気を配る」という二点となります。

ポジションには買い越しである「買いポジション(ロングポジション)」、売り越しである「売りポジション(ショートポジション)」そしてポジションを取らない状態(スクエア)がありますが、勝率を上げるためにはロングポジションとショートポジションの2つの管理をいかに巧妙に行うかが大切になってきます。
各トレーダーのポジション管理が、徐々にトレンドとなっていくわけですね。

生まれるトレンドとしては相場が高騰する状態となる「上昇トレンド」、下落を続ける状態となる「下降トレンド」、そして上昇と下降が入り交じる均衡状態である「もみ合い」があります。

大きな上昇トレンドや下降トレンドがあれば誰でも判断をすることができますが、小刻みなトレンドは時間軸等の要素によって見方も変わってくるもの。
テクニカルチャートをただ見るだけでは、トレンドの結果ではなく先読みをすることはできないのです。


そこで大切になるのが「リアルタイムの値動き」の把握です。
いま現在、一体どんな値動きが見られているのか?
その一瞬一瞬の動きを捉えて大きな流れを掴むことが、FXでのリターンの取得に繋がります。
リアルタイムの値動きの把握、それによるポジション管理…この繰り返しの結果として、「トレンドを把握して、波に乗っていた」という状況となるだけなのです。

そしてFXビギナーがもうひとつ注意しておきたいのが「リスクを過剰に回避しようとする」という点です。
投資を行う上で、リスクを減少させたいのは誰もが同じこと。
しかしリスクとリターンは表裏一体であり、リスクがまったくない状態でリターンを掴むことはできません。
「損をするかもしれない」と防御に回るあまり、実際には大きなリターンを掴める可能性を手放しているケースも多いのです。

相場の予測を外し、その動きが大きい場合、確かに一時的に損失は出てしまいます。
この時には損切りのタイミングを見逃さず、損失が大きくなることを早い時点で食い止めましょう。
そして今度は損失を取り返し、反対にリターンを掴むためのチャンスを見定めます。
相場の動きが大きければ大きいほど、一度発生した損失を取り返し、リターンにできるチャンスは多いと言えるのです。

例えば10,000通貨(米ドル・円)で1円の損切りを4回行ったとしましょう。
この時点では40,000円損失ということになります。
しかしこの後大幅な上昇トレンドの中で(6円の上昇)で1勝をすれば、この一勝で60,000円。
結果的には2万円の収益です。
「予測を当てる」ことが重要と思われがちなFXですが、実際には適切なタイミングで損切りを行うことができれば、予測を外した回数が多くても勝てるというわけですね。

トレンドの追随に固執することなく「自分の眼」を信じながらチャレンジしていけば、ビギナーでも「相場の流れ」を掴んでいくことは可能です。


事前取引計画


初めてFXを行う方にとって、自分のお金を初めから業者に入金して、すぐにトレードを行うのは非常に勇気がいるものです。事前に学習を行って知識を入れておいたとしても、為替の実際に動きは思っている以上に早く、激しい動きと思うかも知れません。


相場を予測して、どのような通貨をペアで購入するのか、その際に投入する資金、レバレッジと証拠金の関係、利益の計算、ロスカットの計画、売ったり買ったりするタイミングなど、取引計画は大切な要素です。